<< ピアスを開けました! 岩盤浴 >>

物持ちを良くする社会

読売新聞に載っていたリサイクル制度に関する、名古屋大学大学院教授、武田邦彦さんの面白い記事を発見。 

リサイクルを推進していく一方で、経済性のないリサイクルにより、無駄な資源を使ってしまっているという、現代社会のリサイクルの矛盾を書いている記事です!

行政は、リサイクル推進よりもまず、物持ちを良くすることに関する広報を、積極的に行うべきだ!とこの記事を読んで痛感しました。。。

現代社会のジレンマですね。。。

*******************************************

ペットボトルの回収が、容器包装リサイクル法に基づいて始まったのが1997年。 このときのペットボトルの年間生産量は20万トンだったのが、今では44万トンになっている。

ペットボトルのリサイクルにかかる費用というのは、

地方自治体:年間3000億円
事業者:400億円
ペットボトルの搬送や加工するために使われるエネルギー量:石油換算で年間160万トン

これだけあれば、3.5倍の量のペットボトルが生産できる。
つまり、リサイクルすることにより、資源を3倍以上無駄に使っていることになるというのだ。

この構造は家電や食品などのリサイクルにも当てはまるそう。

リサイクルを行えば、個人レベルでは環境保全に協力したことになり、気分もいい。しかし社会全体からみれば、資源の無駄遣いになってしまうというのである!!

こうしたことが起こってしまう主な原因は、日本でのリサイクルに経済性がないこと。地方自治体の補助金がないと成り立っていかないのが現状だからである。

今のリサイクル制度に、いかに経済性を持たせていくかが今後のリサイクルの課題となる。

リサイクルというのは、大量にものを使うことが前提。

ごみを減らし、資源を節約するために、ペットボトルではなく水筒を持ち歩く生活のように、物を大切に使っていくことが、リサイクルを促進するよりも効果的なのである。

日本の"節約"という美徳に立ち返って、物持ちを良くする工夫を広げていくことを行政に求めたい。

**************************************
[PR]
by jardinlife | 2006-10-16 23:39 | 趣味のこと
<< ピアスを開けました! 岩盤浴 >>